5G通信技術の紹介

5Gとは?

第5世代を意味する5G。
5Gの進化を交通手段で例えると、クルマでの移動が飛行機になったようなものです。より速く、より多くの荷物を最短距離で運べるようになります。
5Gが始まると、今よりタイムラグがなくなり、さらに多くの通信ができ、身の回りのいろいろなものがインターネットにつなげられるようになります。

高速・大容量

高速で大きなデータの送受信が可能になることで、さまざまな視点からの映像を選択できるマルチアングル視聴やVRのような臨場感のある3D映像など、大容量 データの通信を必要とするストリーミング映像サービスが実現可能となります。

低遅延

格闘ゲーム、シューティングゲーム、音楽/リズムアクションゲームなど、リアルタイム性の高いゲームをプレイする際に問題となる遅延を解消。より短くなることで、離れた場所どうしでもリアルタイム性の高いやりとりができるようになります。

多数接続

家庭にある数多くのデジタル家電や白物家電、センサー類までもネットワークにつながります。
たとえば、朝起きたら自動でカーテンが開き、コーヒーが注がれる。また外出時も帰宅時間を察知して、空調のコントロールやお風呂の準備なども。家の中や外での行動に合わせて快適な生活が送れるスマートホームも実現できます。

ますます拡がる5Gでできること

医療現場でのロボットによる遠隔手術や、顔認証での支払いや自動運転が当たり前になったりなど。あなたが想像する以上の未来が拡がっています。

今回のプロジェクトで活用されるソリューション

8K VRマルチアングル

スマホやVRゴーグルを動かすことで6つのVR映像をシームレスに切り替えることが可能で、会場にいるかのようなアングルから映像を視聴可能です。

イベント開催時(11月5日19:00〜)、スマートフォン専用アプリidogaVRで今回の名フィルの演奏風景がVRマルチアングルでご覧いただけます。下記よりアプリをダウンロードしてお楽しみください。※PC非対応です。お手持ちのスマートフォンでidogaVRと検索してください。

VRゴーグルでの視聴をd garden名古屋栄店でご体験いただけます。

3Dビデオ配信

3Dカメラで3D映像を撮影、5G回線で視聴会場と接続し、空間再現ディスプレイでミニチュア3D映像を視聴可能です。

2K/4K映像伝送サービス「ストリームウェイズ」

海外の撮影現場で信号をIP変換し映像ストリームを5G回線でサーバに送信し、映像を複数の拠点に5G回線で手軽に同時配信可能です。

COBOTTA®の紹介

安全柵を設置することなく人の隣で作業をすることができる人協働ロボットです。小型・軽量ボディが特徴で、ロボットの専門知識がなくても簡単に扱うことができ、幅広い分野での利活用等が期待されています。

COBOTTA®は株式会社デンソーの登録商標です。